文字サイズ変更

診療科・部門紹介

神経内科

診療内容

  • 神経内科は、脳神経や脊髄・末梢神経・筋肉の疾患を専門とする内科です。
  • パーキンソン病、頭痛、認知症、自律神経疾患など多彩な病気を対象としております。
  • 外来のモットー:丁寧な問診、患者様にとってわかりやすく納得のいく説明、来てよかったと思える診療を提供する。
  • 可能な検査:MRI、CT、脳波、筋電図、サーモグラフィーなど。

診療領域

以下の症状や疾患など日常的疾患から神経難病まで幅広く診療します。

  • 運動障害(手足のふるえ、力が入らない、歩行障害、バランスがとれない:パーキンソン病、脳卒中後遺症、顔面神経麻痺など)
  • 感覚障害(しびれ、痛み:末梢神経障害、神経痛、むずむず脚症候群など)
  • 頭痛(片頭痛、緊張型頭痛など)
  • 物忘れ(アルツハイマー型認知症など)
  • 立ちくらみ・めまい・その他の諸症状(自律神経疾患、てんかん、その他の疾患)

患者様へのメッセージ

十分な説明を元に患者様の希望を優先し、薬物治療だけでなく最適な治療法を見つけます。

  • 漢方薬や鍼灸など東洋医学を積極的に取り入れています。
  • パーキンソン病、脳卒中後遺症、神経筋疾患などに対してリハビリテーションも積極的に行っております。
  • 初診の方のみ、予約が必要です。受診希望の方は029-858-9590(代表)にご連絡ください。