文字サイズ変更

診療科・部門紹介

整形外科

診療内容

当診療科では、腰背部痛、頚部痛、関節痛、筋肉痛、肩こり、手足の痛み・しびれ等を症状とする整形外科疾患を中心に、西洋医学的な診断のもとに治療を行います。診断には、臨床検査(血液・尿の生化学検査、電気生理学的検査、ポリグラフ検査など)、画像検査(単純X線、CT、MRI、骨塩定量検査など)などを用います。治療法として、薬物療法やリハビリテーション室の理学療法士と連携して行う運動療法や物理療法などがあります。

診療領域

整形外科が対象とする運動器疾患は、骨・関節・脊椎の痛み・しびれ等の原因となります。特に高齢者では、運動器疾患によって身体活動が低下し、要介護となる危険が高まるので、介護予防のため、運動器疾患に対する適切な予防や治療が重要です。当診療科では、運動器疾患の治療や再発予防の方法を指導することにより、症状を緩和し、健康長寿を実現することを目指します。また、スポーツによる外傷・障害の治療にも力を入れています。

その他

整形外科学が対象とする運動器疾患の中で、薬物療法、理学療法、手術療法などの西洋医学的な治療によって骨・関節・脊椎の痛み等の症状が緩和せず、東洋医学的な治療が奏効する場合があります。このような疾患に対して、当センターの漢方外来、鍼灸施術部門と連携して治療を行います。また、当センターには入院施設がありませんので、手術などの入院治療が必要な場合は、筑波大学付属病院など近隣の医療機関に紹介致します。