文字サイズ変更

診療科・部門紹介

リハビリテーション科

診療の流れ

リハビリテーション治療は医師が診察の上、リハビリテーション処方箋を作成することから始まります。理学療法士は医師の診断に基づき、患者さんの身体運動機能や関節などの痛み、生活環境などを総合的に評価し治療プログラムを作成します。また当センターでリハビリテーション治療と鍼灸治療の両方を行う場合には、担当の医師、理学療法士、鍼灸師が定期的にカンファレンスを行い情報交換や治療方針の決定を行います。

リハビリテーション治療の内容

ロコモティブシンドローム(運動器症候群)

ロコモティブシンドロームとは、膝痛、腰痛、筋力低下、バランス能力の低下等で、立つ・歩くことが難しくなり、介護が必要となる危険が高い状態です。リハビリでは疼痛緩和や筋力強化、柔軟性、バランス能力などの運動機能の回復を図ります。

パーキンソン病

パーキンソン病の治療はお薬と運動療法が両輪です。リハビリでは筋力強化やストレッチなどの運動療法を行います。また自宅で簡単に行えるリハビリ体操の指導も行います。またパーキンソン病以外にも神経や筋肉に障がいのある患者さんへの運動療法なども行います。

脳卒中後遺症

脳梗塞や脳出血の後遺症で手足に麻痺が残り、身体が思うように動けなくて困っている方に、歩行練習や日常生活動作の練習などを行います。

小児疾患

脳性麻痺などの障がいをもち、筋肉の緊張が強く、身体が思うように動かないお子さんの運動発達の支援を行います。

スポーツ外傷・障がい

スポーツ外傷・障がいでお悩みのスポーツ選手やスポーツ愛好家の方に対して、怪我の機能回復、再発予防のためのリハビリを行います。

施設基準・機器設備

リハビリテーション施設基準

運動器リハビリテーションⅡ、脳血管疾患リハビリテーションⅢ

機器設備

運動療法

  • 自転車エルゴメーター
  • Red Cord (スリングエクササイズセラピー)
  • バランストレーニング

物理療法

  • 超音波治療器
  • 低周波治療器
  • ホットパック

測定評価

  • 多用途筋機能測定装置(BIODEX system4)
  • 重心動揺計
  • 筋量計

スタッフ

医師(リハビリテーション医)

木下 裕光、

理学療法士

専従
佐久間 亨、杉田洋介

非専従
石塚 和重、薄葉 眞理子、三浦 美佐、井口 正樹、中村 直子、松井 康