文字サイズ変更

診療科・部門紹介

内分泌・代謝内科

診療内容

当診療科では、糖尿病・高血圧症・脂質異常症・バセドウ病・橋本病・高尿酸血症・肥満症・骨粗鬆症等の内分泌・代謝疾患を、西洋医学的な診断のもとに治療を行います。診断には、生化学的検査(尿・血液検査、経口ブドウ糖負荷試験等)、画像検査(単純X線、CT、MRI、超音波、骨密度検査等)等を用います。治療は食事療法と、必要に応じて西洋医学に基づいた薬物療法を行います。

診察領域

内分泌・代謝内科的疾患には、生活習慣病である糖尿病・高血圧症・脂質異常症・高尿酸血症等も含まれます。生活習慣病、特に糖尿病は、動脈硬化症を合併することが多く、将来的に脳梗塞や心筋梗塞・閉塞性動脈硬化症等を併発し、生活活動強度が低下し、寝たきりやロコモーティブ症候群の原因になります。又、糖尿病は血液透析の一番の原因疾患でもあります。失明の原因ともなります。新たな合併症を併発しないよう、又、合併症があっても進行しないよう、共に治療に取り組みましょう。2~3種類の降圧剤を内服していても血圧が正常化しない方の中には、二次性高血圧と言って、ホルモン異常が原因となっていることも多いです。減塩食に心掛けていて、きちんと内服していても血圧が正常化しない方は、一度、ホルモン検査を受けることをお勧めいたします。

その他

糖尿病が原因となり、下肢を中心に痺れや痛み(糖尿病性神経障害)で悩まれてことも多いです。西洋医学的な薬物療法で症状が改善しない場合には、東洋医学的治療で改善することもありますので、漢方薬治療や、鍼灸施術部門と連携して治療を行います。又、当センターには入院施設がございませんので、入院治療が必要な場合には、筑波大学附属病院、筑波記念病院等、近隣の医療機関をご紹介致します。